ユーザ用ツール

サイト用ツール


tips:start

Programming tips

プログラミングでちょっと役に立つヒント。備忘録として書いておく。

OpenLayers

spriteの使い方

Icon Styleを指定する際、

new Icon({
  src: 'symbols.png',
  size: [icon.width, icon.height],
  offset: [icon.x, icon.y],

のようにsrcでスプライト画像、size、offsetでスプライト画像中の矩形領域を指定する。これらのパラメータの設定は、Mapbox GL JSのspriteのJSONに合わせて、

{
  "Summit" : {
    "height" : 24,
    "width" : 24,
    "y" : 0,
    "x" : 624,
    "pixelRatio" : 1
  },
  :
}

のようなJSONファイルを読み込んで行うと、共通化の点で便利。

GeoJSONからアイコンの情報を読み込む際、スタイルつき GeoJSON 規約ではLeafletの仕様に合わせて _iconUrl というパラメータで画像URLを指定している。これは分かり易いが、スプライト画像が利用できないので良くない。_iconというパラメータで種別を指定するようにすべき。スプライト画像を使わない場合でも_iconから_iconUrlを得ることはLUTなどを用いて容易に実装でき、画像の置き場に関して自由度が増す。

ルート地図(地理院Vector+Mapbox GL JS)

地理院Vectorが全国整備されたので、サンプルを作ってみた。GeoJSONのレイヤを追加。追加レイヤに固有のスプライト画像を追加する方法が不明なので、取り敢えず使用するアイコン画像を個別にロードしている。高解像度モニタで見ると、やはりVectorの等高線は綺麗だ。

ルート地図(地理院Vector+OpenLayers)

こちらのサンプルはOpenLayers ver.6+ol-mapbox-styleによるもの。割とサクッと動いた。軌跡の表示はなし。地図のスクロールなどでPCの負荷が大きいのか、カクカクする。これは多分、適用するスタイルをfilterで線形に探索しているところに時間がかかっている。

山名一覧と点名一覧(地理院Vector)

地理院Vectorから山名と読み仮名の情報を抽出して、地形図に重ね合わせて表示した。縮尺によって表示される山名が増減する。一尺八寸山は難読山名No.1の山。

次は地理院ベクターの同様な応用で、三角点の点名を表示したもの。三角点の詳細な情報は基準点等成果閲覧サービスで調べられるが、点名が地図をスクロールするだけで一覧できる点が便利である。

tips/start.txt · 最終更新: 2020/09/19 06:11 by anineco