ユーザ用ツール

サイト用ツール


linux:mozc

Fedora 32 で mozc と HHKB を利用

(1) /usr/share/ibus/component/mozc.xml を編集

--- mozc.xml.orig	2020-06-07 13:26:32.679612111 +0900
+++ mozc.xml	2020-06-07 13:26:49.071720832 +0900
@@ -18,7 +18,7 @@
   <setup>/usr/libexec/mozc/mozc_tool --mode=config_dialog</setup>
   <name>mozc-jp</name>
   <longname>Mozc</longname>
-  <layout>default</layout>
+  <layout>us</layout>
 </engine>
 </engines>
 </component>

(2) localectl の設定

$ localectl status
   System Locale: LANG=ja_JP.UTF-8
       VC Keymap: n/a
      X11 Layout: n/a
$ sudo localectl set-keymap us
$ localectl status
   System Locale: LANG=ja_JP.UTF-8
       VC Keymap: us
      X11 Layout: us
       X11 Model: pc105+inet
     X11 Options: terminate:ctrl_alt_bksp

(3) キーボードショートカットの設定

[設定]-[地域と言語]で入力ソースは「日本語(Mozc)」だけにする。 [設定]-[キーボードショートカット」で「次の入力ソースへ切り替える」を無効に設定する。「前の入力ソースへ切り替える」は自動で無効に設定される。 Mozcプロパティを開き、[キー設定の選択]-[編集]で入力キーが[Hankaku/Zenkaku]となっているところ(変換入力中・変換中・入力もじなし/IMEを無効化、直接入力/IMEを有効化の4箇所)を[Ctrl Space]に変更する。 再起動すると、Ctrl+Space で直接入力とかな漢字変換の切り替えができるようになる。 

Fedora 34 の場合

(0) ibus-mozc パッケージをインストールする。

(1) /usr/share/ibus/component/mozc.xml を編集(上記と同じ)

(2) localectl の設定:設定の確認

$ localectl status
   System Locale: LANG=ja_JP.UTF-8
       VC Keymap: us
      X11 Layout: us

(3) キーボードショートカットの設定

[設定]-[Keyboard]を開く。 入力ソースは「英語(US)」「日本語(Mozc)」 とする。

キーボードショートカットで「次の入力ソースへ切り替える」を無効に設定する。 「前の入力ソースへ切り替える」は自動で無効に設定される。

日本語(Mozc) のPreferencesを開き、[キー設定の選択]-[編集]で入力キーが[Hankaku/Zenkaku]となっているところ全てを[Ctrl Space]に変更する。

再起動すると、Ctrl+Space で直接入力とかな漢字変換の切り替えができるようになる。

linux/mozc.txt · 最終更新: 2021/06/15 09:03 by anineco